全ては「カルシウム不足」が原因でした。 | 株式会社 恒常 

全ては「カルシウム不足」が原因でした。

「カルシウム不足」はカルシウム剤を飲んでも元には戻りません。

カルシウム不足」になると骨がスカスカになったり、変形し、 ヒザや腰が痛くなったり、神経を圧迫して色々な症状を引き起こします。 でも病院では、痛みを止めるだけで骨を元に戻すことは出来ません。

「カルシウム不足」は「動脈硬化」を呼びます。

「動脈硬化」とは、動脈の内壁にカルシウムやコレステロールが沈着した状態をいいます。 しかも「動脈硬化」の恐ろしいところは、「脳梗塞」や「心筋梗塞」を引き起こす元凶なのです。

※以上、平成19年7月12日放映 TV朝日スーパーJチャンネル「骨粗しょう症特集」骨粗しょう症財団理事長 折茂肇医学博士談

「骨粗しょう症」が現在1100万人を超え、さらに増加していますが、実は日本人の大半が「骨粗しょう症」の前段階である「カルシウム不足」と言われています。
カルシウム不足からの病気など

善玉カルシウムと悪玉カルシウム

善玉カルシウムと悪玉カルシウムカルシウムのホントのことがすべてわかるマンガ本です。
東洋医学の川村昇山先生が市販の20種類以上のカルシウム剤を自分が飲んで命をかけて実験をされた記録です。
入手希望の方は問屋さん一覧ページの問屋さんにご連絡下さい。
尚、インターネットが得意な方は、アマゾンのキンドルに電子書籍として、掲載されているので、無料でダウンロードして、お読み頂けます。

定価500円

【カルシウム不足】を解消し、骨を元に戻す方法がありました。

これまでの医学の常識が破られたのです!
昭和30年代頃から北海道八雲地方を中心として数万の人々が、 その地域で採れる古代の貝化石の粉を食べることによって、 ひざや腰や股関節や坐骨の痛みから解放されていたのです。 50〜60歳で2〜6センチも背が伸びた人も出てきました。 骨が元に戻っていたのです。「カルシウム不足」が解消していたのです。 ということは、動脈硬化が消え、脳梗塞や心筋梗塞の心配も消えたということになります。八雲の貝化石は医学の常識を破ったのです。
まさに善玉カルシウムですね。

※「よいカルシウムをとれば病気は防げる」川村昇山著

善玉カルシウムとソマチットの「奇蹟」

善玉カルシウムとソマチットの奇蹟東洋医学の川村昇山先生が善玉カルシウム(貝化石カルシウム)を使って、昭和50年以来、延べ2万人以上の臨床を続けてこられた記録です。好転反応と副作用の違いについても臨床で得られた事実からわかり易く解説しておられます。又ソマチットについての解説(徳永康夫著述)も入ってます。入手希望される方は問屋さん一覧ページの問屋さんにご連絡下さい。

定価800円

このページの先頭へ