「健康」の記事一覧 | 株式会社 恒常 

「健康」の記事一覧

カルシウムのほんとうのはなし(1)

骨粗鬆症と骨密度 カルシウム不足が身体にとって問題だということは 皆さん良くご存知ですね。 イライラしたり骨が折れやすくなったりしますね。 その通りですが 例えば 大腿骨(だいたいこつ)頸部(けいぶ)が折れるともう動けません。 “寝たきり”になってしまいます。 典型的な骨(こつ)粗(そ)しょう症例のひとつと言えます。

カルシウムのほんとうのはなし(2)

カルシウム剤を飲もうと思っても 「医学界の常識」 は 骨粗しょう症はカルシウム剤を飲ませても治らない カルシウム剤を飲ませても、骨密度は上がらないし スカスカになった骨は元に戻らない カルシウムを飲ませすぎると 結石になったり動脈硬化になって 脳梗塞や心筋梗塞なることが多いでしたね! 医学界の不思議な常識は カルシウムのほんとうのはなし(1) こちらからご覧いただけます。 実は、この医学界の常識を 根底からひっくり返した人物がいるのです。

徳永康夫のひとりごと

日本人は、世界一、クスリの好きな民族と言われています。にもかかわらず、日本では、年々、病気の種類が増え、病人が増えています。医学は進歩しているはずなのに、溢れるほどクスリがあるのに、ワクチンの種類も昔の何倍にも増えているのに、病気や病人が増えるなど、あり得ない、おかしな現象です。ピンピンコロリではなく、ネンネンコロリという言葉がささやかれています。亡くなる前の平均10年間が、寝たきり、又は、周りから介護を受けて生きていることを指しているのです。要介護者が500万人、認知症が500万人で、今後ますます増えると言われています。私は、介護・寝たきりゼロを目指して、「介護・寝たきり吹き飛ばし情報」を、無償で、主に主婦の方々宛てに発信するボランティア活動もしています。家庭における介護予防においては、主婦が最も重要な存在なのです。

このページの先頭へ